アクセリード、mRNA 医薬品 CDMO 合弁会社「ARCALIS」を設立

2021年4月27日
アクセリード株式会社

アクセリード株式会社(代表取締役社⾧:藤澤朋行/以下、アクセリード)は、合弁会社「株式会社ARCALIS」(代表取締役社⾧:藤澤朋行/以下、アルカリス)を Arcturus Therapeutics Holdings, Inc.(President & CEO:Joseph E. Payne, NASDAQ:ARCT/以下、アークトゥルス)と設立することに合意しました。アルカリスは、メッセンジャーRNA ワクチン及び医薬品受託製造開発事業(以下、mRNA医薬品 CDMO)を展開する会社で、株主であるアークトゥルスの研究開発パイプラインの製造拠点としての責任を果たしつつ、世界中の製薬会社、創薬ベンチャー、アカデミア等幅広い顧客に高品質の mRNA医薬品の安定供給を約束できる世界初の統合型 mRNA 医薬品 CDMO 事業を展開します。

アルカリスは千葉県柏市に拠点をおき、アークトゥルスから mRNA 製造技術をライセンス取得し、2023年中に cGMP 基準を満たした医薬品の製造供給事業開始を目指します。この合弁会社は、現在のアークトゥルスの mRNA 治療薬候補の製造だけでなく、将来の mRNA 治療薬の商用製造にも貢献する予定です。

アルカリスの設立は、4月7日に株式会社日立製作所とアクセリードが共同で報告した「日立とアクセリードが次世代バイオ医薬品の早期創出に貢献するソリューションの共同開発に合意」*1で記載した具体的なプロジェクトの一つです。「アルカリスは、親会社であるアクセリードやアークトゥラスから経営・技術支援を受け、日立との連携を推進し、着実に事業を推進します。近い将来、日本初のワンストップ型mRNA 医薬品 CDMO として、mRNA ワクチン及び医薬品の日本国内での生産供給体制確立に貢献できることを目指します。」と、アクセリードの代表取締役社⾧である藤澤朋行は述べています。

*1 プレスリリース URL:https://www.axcelead-hd.com/wp-content/uploads/2021/04/20210407_AHDHITACHI_newsrelease_JP-1.pdf

■アクセリードについて
アクセリードは、2017年に武田薬品の創薬プラットフォーム事業を継承し事業を開始した日本初の創薬ソリューションプロバイダーである Axcelead Drug Discovery Partners 株式会社(ADDP 社)を中核とした創薬プラットフォーム事業を展開する企業グループです。アクセリードは、2018年にウィズ・パートナーズと武田薬品が日本の創薬エコシステムの推進を目的とし共同で設立した創薬維新ファンドの旗艦投資先企業であり、日本のみならずグローバルのヘルスケアビジネスに様々な貢献を果たしていきます。

詳しくは、アクセリードのウェブサイト(https://www.axcelead-hd.com/)をご覧ください。また、ウィズ・パートナーズについてはウェブサイト(http://www.whizp.com/)をご覧ください。

■お問い合わせ先
アクセリード株式会社
〒251-0012 神奈川県藤沢市村岡東二丁目 26 番地の 1
問い合わせフォーム: hd_contact@axcelead.com
電話:070-1505-7957

株式会社 ARCALIS
〒277-0871 千葉県柏市若柴 226 番地 39 中央 144 街区 15

以上