PassPort Technologies, Inc.の全株式取得について

2021年8月17日
アクセリード株式会社


アクセリード株式会社(代表取締役社長:藤澤朋行/以下、アクセリード)は、このたび、PassPort Technologies, Inc. (President & CEO:藤澤朋行、本社:米国カリフォルニア州/以下、PPTI)の全株式を取得し、100%子会社化したことをお知らせします。

PPTIは、同社独自のアクティブ型新規経皮投与技術である「PassPort System」を用いて、医薬品の研究開発を行う米国のバイオテクノロジー企業です。この「PassPort System」とは、皮膚表面に微細な孔を開けるマイクロポレーション技術と、微細孔を介した薬物の吸収を制御するパッチ組成技術を組み合わせた新しい投与技術で、これまで注射剤や点滴剤等に投与経路が限定されていた薬剤に対し、皮膚から有効成分を吸収させる経皮投与という新たな可能性を広げることが可能となります。

PPTIは現在米国において偏頭痛、日本においてアルツハイマー型認知症の臨床試験開始の準備を進めているほか、糖尿病や自己免疫疾患等を対象とする研究プログラムを有する等、パイプラインは順調に拡大しています。また、PPTIはこれらのパイプラインの開発・商業化を迅速に進めるため、2019年に製造においては日東電工株式会社、「PassPort System」を用いた創薬研究においてはアクセリードグループのAxcelead Drug Discovery Partners株式会社とそれぞれ業務提携を行っています。

アクセリードは「PassPort System」を有するPPTIを傘下に収めることで、高いポテンシャルを有するパイプラインをグループに加えると共に、グループ企業間のシナジーを追求することにより、今後も更に強固な創薬プラットフォーム事業の構築を進め、企業価値の最大化に努めてまいります。

■アクセリードについて

アクセリードは、2017年に武田薬品の創薬プラットフォーム事業を継承し事業を開始した日本初の創薬ソリューションプロバイダーであるAxcelead Drug Discovery Partners株式会社を中核とした、創薬プラットフォーム事業を展開する企業グループです。アクセリードは、2018年にウィズ・パートナーズと武田薬品が日本の創薬エコシステムの推進を目的とし共同で設立した創薬維新ファンドの旗艦投資先企業であり、日本のみならずグローバルのヘルスケアビジネスに様々な貢献を果たしていきます。

詳しくは、アクセリードのウェブサイト(https://www.axcelead-hd.com/)をご覧ください。また、ウィズ・パートナーズについてはウェブサイト(http://www.whizp.com/)をご覧ください。

■ PassPort Technologies, Inc.について

PassPort Technologies, Inc.は、PassPortシステムを用いた優れた医薬品を迅速に開発し、患者に届けることを使命としています。 また、世界有数のバイオロジーの世界的集積地である米国サンディエゴに本社を置くことで、ライフサイエンス業界の幅広い企業(製薬企業だけでなく化粧品企業)と提携することを目指しています。 これらの取り組みを通じて、世界のより多くの人々の健康に貢献してまいります。

詳しくは、PassPort Technologies, Inc.のウェブサイト(https://passport-tech.com)をご覧ください。

■お問い合わせ先

アクセリード株式会社
〒251-0012 神奈川県藤沢市村岡東二丁目26番地の1

問い合わせフォーム: contact@axcelead-hd.com